白骨に思う

d0288860_7303812.jpg

5年間ご主人の転勤で韓国に行かれてた方に、
韓国のパッチワークの「ポシャギ」を教えていただきました
これは麻布なので、とっても涼しそうできれいです。

そして、コロちゃんの思いで

d0288860_7264642.jpg

d0288860_7274033.jpg

d0288860_7283326.jpg

d0288860_7332759.jpg

d0288860_7335083.jpg

d0288860_7344728.jpg


かわいかったなぁ・・・・
保護センターで、たくさん子犬のいる中で、
ちょっと離れたところで、こっち見てて
目が合って、おいでって呼ぶと寄ってきた。
控えめだけど、アイコンタクトのできる子だった。
おでこがでてるから・・・・「かしこそうだなぁ」なんて思った記憶がある。
そして、先日火葬してくださった方が、「コロちゃんは賢かったんじゃないですか?」
って。
「普通、頭の部分で後ろのほうに黒いのがあるんだけど、黒い部分が前の方にあってだいぶ大きいから」
担当の方、
とっても・・・・きれ~~いに焼いて、きれ~~いに、その通りに並べてくれてました。
で、ひとつひとつ説明してくれて。
これが尻尾ね
前足より、後ろ足のが強かったようですね
排泄はきれいにいってたんじゃないですか?骨盤がきれいだから
これが脊椎、これがあばら骨、肩甲骨がこれで・・・・
頭蓋骨(きれいな形のまま)は、堅そうですがもろいですから手でとれます
横顔・・・まさコロの横顔のまんまの骨だ
口もきれ~~~~いに閉じたまま、歯もそのまんま
口がこんなにきれいに閉じてるのは珍しいそうです
最後に、これがのど仏です。一番上に入れてあげてくださいね。

最後に躊躇しながら説明してくれたのが、黒い部分
飼い主さんに見せるのがどうかと思いましたが・・・ありのまま
ってことで、
たぶんこの黒いぶぶんが死因で、悪かったのではとのこと
形と場所からして、心臓とどこかの内臓。
何も言わないから・・・・痛くはなかったかな?辛くはなかったかな?しんどくはなかったかな?
それを思うと、泣けてきますね。
それでも、とても穏やかな顔で、「ずっとみていたいくらい穏やかなお顔でしたよ」って
言ってくださいました。
おかげで、少しほっとしました。

こういう、セレモニーって、この状況を受け入れていくために
残された者に必要なものなんだなぁ・・・


d0288860_823092.jpg

[PR]
by 5677daisuki | 2013-05-27 08:23 | Comments(8)
Commented by あかねママ at 2013-05-27 16:10 x
骨からこんなにわかるんですね、コロちゃん老衰だと思うけど内臓に悪い箇所もあったのでしょうか。でも大往生だと思います。

コロちゃんの子犬の頃可愛かったですよね、大人しいいい子でした、もうあかねと大違いですもの。
Commented by あっちゃん at 2013-05-27 17:52 x



小さな骨壷を見ていると改めて泣けてきます。

コロちゃん、こんなに小さかった時にpurinnちゃん家へ来たんだね。

本当にこういうセレモニーって大事なのね、寂しいけど・・・

改めて、コロちゃん幸せだったんだねって思います。


purinnちゃんとmasaさんは、子供を1人、育て上げたんだね。
Commented by purinn at 2013-05-27 20:14 x
すごいね~
人間も悪いところは黒くなってるもんね。
心臓は・・・ガンってことないよね?なんだろね?
かわいかったねぇ~あかねちゃんだって、かわいかったよ(^_-)-☆
そのコロだって、1才半くらいまでは、悪だったよ
Commented by purinn at 2013-05-27 20:22 x
確かに、最期の介護したところで、もしかしたら赤ちゃんって
こんな感じなのかな?って、思いましたね
自分ではなにもできなくなって、ぐずったりして欲求を訴えてきて・・・・
コロは、抱っこすきじゃなかったから、寂しかったけど、
最後にたくさん抱っこできたので、それがとっても私には嬉しかったんですよ。
歩けなくなってからは、よくお母さんが赤ちゃん抱いて寝させるみたいに
ゆらゆらするでしょ。
コロを抱いてゆらゆらすると・・・・・刺激されてか、うんちがでるんですね~
コロはどう思ってたかしりませんけどね(^_-)-☆
Commented by わかこ at 2013-05-27 22:48 x
コロちゃん。
会えなくなって、淋しいです。
思い出の中にいますね。
子犬のころから老いるまで、一緒に過ごせたコロちゃん、幸せでしたよね。
Commented by ぽん at 2013-05-28 11:31 x
ちっちゃくなっちゃったね、コロちゃん。
いい子やったコロちゃんがそのままお骨になったんですね。
それと、子犬のコロちゃんのかわいさ!

横になったまんまで焼くので、姿がわりと残ってますよね。
うちはそんなに丁寧に説明してくださらなかったですが、どっちも骨がしっかりしていたとは言われました。それと、あんまり頭が良くないと思ってた、ぷんての脳みそがちゃんと残ってたので、思わず【ごめんよ。あほやて言うて」とお骨に謝ってました。
焼いてもらうときは何とも言えない気分でしたが、お骨がいまだに家にあるので、それを見るたんびに懐かしく思い出します。儀式と、骨壺をいただいて帰るってのは、やっぱり残った者にとっては必要なことだと思います。
Commented by purinn at 2013-05-29 07:02 x
わかこさん、みんな元気ですか?
思い出は山もりですけど、ここにいないのはやっぱり寂しいですね。
それと、思ったよりナナちゃんが寂しそうで・・・
ナナちゃんは、生まれたときから先輩犬がいるところで育ってるので
はじめて一匹になったからかなぁ・・・・

3匹いるって、ワンコ達にとってとっても幸せかも。(^_-)-☆
Commented by purinn at 2013-05-29 07:40 x
ぽんさん、おはようございます
子犬の時って・・・かぁわいいですよねぇ~~~
思い出すわ。

そうなんですよ。焼いてもらう時は、ああ・・・もう最後なんだと悲しかったですけど。
それこそ、きれ~~いに並べてもらってたからか、
なんか、新しい形で、新しいところに・・・いったのかな?
なんて思いました。
 
<< こころなしか、寂しげでしょうか・・・ 行っちゃいました >>