2014年 07月 29日 ( 1 )

五十路を越えた誕生日に・・・

d0288860_832579.jpg


聞いた歌

    春がまた来るたび ひとつ年を重ね
    目に映る景色も 少しずつ変わると
    陽気にはしゃいでた 幼い日は遠く
    気がつけば 五十路を越えた私がいる
    ・
    ・
    信じられない速さで 時は過ぎ去ると知ってしまったら
    どんな小さなことも 覚えていたいと心が言ったよ
    ・
    ・
    満開の桜や 色づく山の紅葉を
    この先いったい何度見ることになるだろう
    ひとつひとつ 人生の扉を開いては 感じるその重さ
    ・
    ・
    君のデニムの青が褪せてゆくほど
    長い旅路の果てに 輝く何かが誰にでもあるさ
    ・
    ・

                   竹内まりや 「人生の扉」


       
d0288860_832547.jpg

d0288860_8334680.jpg


と、トイレのプチ・リフォームをするの巻き

d0288860_8334167.jpg

d0288860_8340100.jpg

お疲れさん
d0288860_834372.jpg

[PR]
by 5677daisuki | 2014-07-29 09:02 | Comments(10)